初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ:両雄にとって、非常に厳しいレース

ドゥカティ・マールボロ:両雄にとって、非常に厳しいレース

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーとマルコ・メランドリは、トラブルに見舞われ、16位と16位に終わったが、ファクトリーのホームレースに向けて、気持ちを切り替えた。

M.メランドリ:決勝レース15位

「僕のレースは最初からつらなっていた。サイティングラップでバイクが止まってしまった。一時的なものだと考えたけど、スタートでクラッチをつなぐ時には完璧に止まってしまい、貴重な数秒をロスしてしまった。」

「一度走り出し、自分のリズムで行った。雨が降り出したのを見て、ピットインすることを決めた。雨がもっと降ってくれることを期待して、この早めのバイクチェンジが、功を奏すことに期待した。」

「ウォームアップ走行の時、バイクはもっとバランスがあったから残念。明日から2日間のテストがある。ムジェロに向けて、本物のステップアップができるはずだ。」

C.ストーナー:決勝レース16位

「好スタートを切ったけど、不運にもフロントタイヤの右側に好リーフィングがなかった。バイクを寝かした際にグリップがなく、継続的に失って行き、信頼感も失った。セッションのようにハードブレーキができず、問題を減少するために適応しなければいけなかった。特にT4で大きくロスしてしまったけど、まだ隠すことができ、表彰台争いを続けられた。」

「その後、雨が降り始め、チャンスがあると思ったけど、エンジンの問題が発生した。ポテンシャルを失い始め、パッシングができなかった。2ラップ後には、僕たちのレースが終わってしまった。」

「週末のポジティブな面に着目しなければいけない。いつものスピードを取り戻した、いつものフィーリングを回復した。あとは、レースで全てを回復すること。だから、早く次ぎのレースがしたい。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, Casey Stoner, Marco Melandri, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›