初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロマニョーリ、タイトル争いなしを強調

ロマニョーリ、タイトル争いなしを強調

ロマニョーリは、ロレンソがルーキーシーズンにおいて、タイトル争いに挑戦しないことを強調した。

フィアット・ヤマハのロレンソ・チームでチームマネージャーを務めるダニエレ・ロマニョーリは、ホルヘ・ロレンソがタイトル争いに挑戦しないことを改めて強調した。

開幕戦で2位表彰台デビューを飾った21歳のスペイン人ライダーは、第3戦ポルトガルGPで初優勝。第4戦

中国GPでは両足首を負傷しながら4位フィニッシュし、第5戦フランスGPでは2位を獲得。ランク2位に位置し、タイトル獲得の有力候補に挙げられている。

しかし、イタリア人マネージャーは、ルーキーシーズンであることを常に強調。「ホルヘのパフォーマンスを説明するのは大変難しいです。信じられません。しかし、我々はタイトルのことについて話しをすることができません。タイトル獲得に行きません。経験を積み、可能な限りの情報を得ることだけを望みます」と、説明した。

「長いシーズンに、何が起きるかは決して分かりません」と付け加えた。

ロレンソは、ミシュランのタイヤテストに参加するため、ルマンからクレルモン‐フェランに移動する予定だったが、両足首を負傷していることから、テストをキャンセル。20日にバルセロナ市内の病院を訪れた。

担当医であるチャビエル・ミル医師から、ルマンで2度の転倒を喫したが、両足首に影響がなかったことを確認。1日も早い回復を目指すために、引き続き、負荷をかけないことを指示された。

Tags:
MotoGP, 2008, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›