初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、今度はスタートミス

A.バウティスタ、今度はスタートミス

バウティスタは、スタートミスが原因で、上位進出ができなかったことを認めた。

マプフレ・アスパルのアルバロ・バウティスタは、第5戦フランスGPで14位。タイトル争いから大きく遅れた。

タイトル獲得を目指して臨んだ2年目は、カタールでトップ走行中にリアタイヤのトラブルに見舞われて失速。ヘレスでは優勝争い中にエンジントラブルにより、マルコ・シモンセリと接触転倒。上海ではトップ走行中に転倒を喫するなど、困難なシーズンが続いている。

タイトル争いのライバルとお互いに認め合うポイントリーダー、ミカ・カリオとの43ポイント差を詰めるために、5戦連続の1列目から、カットスリックを選択して、決勝レースを迎えたが、スタートミスにより、オープニングラップを18位で終えた。

「週末のリズムは良かった、と言うことを考えたい。チームも僕も高い戦闘力がある」と、振り返ったスペイン人ライダーは、コースコンディションが回復したレース中盤以降に上位陣と同等なラップタイムを刻んで、ポジションを挽回した。

「今シーズンは運がない。上手くスタートできなかったし、1コーナーの渋滞にはまってしまった。ミスを犯さないようにすごく慎重に始めたけど、大きく遅れ、巻き返すには遅くなってしまった。」

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›