Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキ&テック3、エドワーズ起用を視野に

カワサキ&テック3、エドワーズ起用を視野に

カワサキとテック3は、エドワーズを来季起用する可能性を示した。

カワサキ・レーシングとテック3・ヤマハは、来季について、プランニングを既に開始。コーリン・エドワーズの起用も視野に入れていることを認めた。

カワサキは、ジョン・ホプキンスと来年末までの2年契約、アンソニー・ウエストとは昨季の第8戦イギリスGPから今年末までの契約を結んでいる。

コンペティション・マネージャーのミシェル・バルトメリーは、「コーリンとは時々話しをします。彼のようなナイスガイとの会話は常に歓迎です。彼の将来について、少し話しをしましたが、この時期において、それはノーマルなことです」と、市場を確認する上において、通常のプロセスであったことを認めた。

テック3は、第3戦ポルトガルGPの際に、ジェームス・トーズランドとの延長契約のオプションを施行。エドワーズとは、今年に入ってから1年間の契約を結んだ。

チームマネージャーのエルベ・ポンチャラルは、「今は噂が始まる時期。誰でも話題にします。コーリンは、ヤマハに長く所属し、現在は我々と共にエンジョイしていますが、契約期間は2009年です」と状況を説明した。

「他のオプションを探す理由がありません。来年の第一候補ですが、話し合いをしなければいけません。彼には残留して欲しいですが、もし、ベターなオプションが見つかれば...なぜ、そうしませんか?これはゲームです。」

カワサキ、R.L.ヘイデン起用せず

カワサキは、当初計画していた第11戦アメリカGPと第14戦インディアナポリスGPにおけるロジャー・リー・ヘイデンのワイルドカード起用について、予定を変更したことを認めた。

バルトメリーは、「ルマンの後、我々は、ワイルドカードを起用しないこと、レギュラーライダーたちに集中することを決定しました。これが我々の重要な仕事です」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2008, Colin Edwards, Kawasaki Racing Team, Tech 3 Yamaha

Other updates you may be interested in ›