初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

岡田忠之:「現行型を上回るエンジンを早く開発したいです」

岡田忠之:「現行型を上回るエンジンを早く開発したいです」

岡田忠之は、開発中の新型エンジンをシェイクダウンさせた。

HRCのテストライダー、岡田忠之は、ニューマチックバブルエンジンを搭載したRC212Vで登場。ウェットコンディションの中、転倒を喫したが、幸い大事にはいたらず、明日も実践での検証のために、走り込むことを説明した。

  • 岡田忠之(FP1‐17位/FP2‐16位)
  • 「走り出す前は少し緊張しました。午後、ニュータイヤに履き替え、2ラップ目に転倒してしまい、スタッフには迷惑をかけました。」
  • 「ベースのセッティングを出さないと思っていますが、まだまだです。煮詰め切れていない段階なので、まだまだパフォーマンスは出せると思います。」
  • 「現状は、ダニとニッキーが使用しているエンジンを上回るレベルではないと思います。今回はそれを検証に来ています。」
  • 「レースのセッティングを煮詰め、僕自身も8年ぶりで、コースにも慣れなければいけないので、ドライで多くの時間で走りたいです。」

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE

Other updates you may be interested in ›