初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.コルシ、スペクタクロなバトルを制す

S.コルシ、スペクタクロなバトルを制す

コルシが、地元で今季3勝目を飾り、ポインントリーダーに返り咲いた。

第6戦イタリアGPの決勝レースは1日、ムジェロで行われ、シモーネ・コルシが優勝。ポイントリーダーに復帰した。

気温28度。路面温度35度のドライコンディションの中、中盤まで12人によるスペクタクロなバトルが展開。終盤は7人に絞られ、8番グリッドのコルシが、ガボール・タルマクシに0.019秒差、ポル・エスパルガロに0.036秒差で競り勝ち、地元で今季3勝目を飾った。

昨年の王者タルマクシは、今季2度目の表彰台。昨年の新人王エスパルガロが今季初の表彰台を獲得した。

前戦勝者のマイク・ディ・メッリオは4番手。左第5中足骨の骨折しているブラドリー・スミス、セルジオ・ガデア、ニコラス・テロール、サンドロ・コルテセ、ジョアン・オリベ、ステファン・ブラドルがトップ10入りした。

ポールポジションのラファエレ・デ・ロサは13番手。5番グリッドの中上貴晶は16位。10番グリッドの小山知良は、残り4ラップにリタイヤした。

チャンピオンシップは、コルシがランク3位からトップの座を奪回。ディ・メッオは同ポイントでランク2位。テロールは、12ポイント差のランク3位に後退した。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, RAC

Other updates you may be interested in ›