初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ、2人が揃ってトップ10入り

リズラ・スズキ、2人が揃ってトップ10入り

カピロッシは、ベストリザルトを獲得できなかったことを悔やみ、バーミューレンは、ポジションを大きく挽回できたことを喜んだ。

  • L.カピロッシ:(決勝レース‐7位)
  • 「すごく欲求不満だ。僕たちのベストを尽くし、今日は僕たちのベストリザルトにしなければいけなかった。」
  • 「できる限り長く、トップ3人について行こうとしたけど、ストレートで少し引き離されてしまい、ブレーキングでハードにプッシュしなければいけなかった。グリップを失い始め、可能な限り上位でフィニッシュするために、ハードに走った。」
  • 「今日はハッピーではない。スズキと一緒に懸命に働かなければいけない。時々、僕たちのバイクは良く、時々、大きく離されるからだ。チーム全員が週末に懸命に働き、バイクが良く機能するために挑戦したことは良いことだ。」

  • C.バーミューレン:(決勝レース‐10位)
  • 「本当にタフなレースだった。今日の路面温度は高かった。コンディションの変更で難しい週末で、不運にもテスト時間が不足し、望んでいたようなグリップがなかった。」
  • 「グッドなスタートだったけど、オープニングラップは17位。10位で終われたから、いい走りをした気分だ。多くのライダーを抜かなければいけなかった。ここではパッシングが難しいけど、今日の問題を見つけることができ、来週のバルセロナに向けて、多くのことを学んだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, Loris Capirossi, Chris Vermeulen, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›