初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール&S.コルシが上位に浮上

N.テロール&S.コルシが上位に浮上

ジャック&ジョーンズ・WRBの両雄が1・2位を浮上した。

第6戦イタリアGPのウォームアップ走行は1日、ムジェロで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温21度。路面温度18度のドライコンディションの中、9番グリッドのテロールと8番グリッドのシモーネ・コルシが1・2番手に浮上すれば、3度のセッションで一番時計を刻んだポル・エスパルガロが3番手に入った。

公式予選2の転倒で左第5中足骨の骨折と右手首を強打したブラドリー・スミスは4番手。ポイントリーダーのマイク・ディ・メッリオ、セルジオ・ガデア、ジョアン・オリベ、アンドレア・イアンノーネ、ガボール・タルマクシ、マイケル・ランセンデールがトップ10入り。

中上貴晶は13番手。ポールポジションのラファエレ・デ・ロサは17番手だった。

10番グリッドの小山知良は、僅か2ラップで最後尾の39番手だった。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, WUP

Other updates you may be interested in ›