初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、通算100戦目を優勝で飾れず

H.バルベラ、通算100戦目を優勝で飾れず

バルベラは、時速240キロで転倒したアクシデント後に、「神様は存在する」と語った。

チーム・トス・アプリリアのエクトル・バルベラは、第6戦イタリアGPの決勝レースで転倒。通算100戦目を優勝で飾れなかった。

2002年開幕戦日本GP125ccクラスにデビューしたバルベラは、2006年第13戦マレーシアGP以来27戦ぶりにトップグリッドから、史上最短の21歳と210日で100戦目を迎え、ポール・トゥ・ウインを狙ったが、最終ラップに入る直前のストレートで、時速240キロで5速から6速に切り替える直前に、マルコ・シモンセリと接触した。

「彼は、僕のバイクの方が、ポテンシャルが高いことを知っていた。あれが、僕から開放され、勝つには、あの方法しかないと考えたと思う。」

「スリップストリームにつかれれば、それを感じるし、誰が後ろにいるのか分かる。彼は分かっていた。」

「彼はそれを感じ、左に寄せて来て、脚を広げながら、僕の走行ラインを閉じに来た。そして、ブレーキに接触。0.3秒間に何とかしようとしたから、上手く反対側に転べた。」

「非常に規則的な作戦と思わない。チームは、彼を罰則するために何かハッキリしたことがないかとビデオを見た。」

レースディレクションは、チームの抗議を受けて、アクシデントを検証。シモンセリに明白な規律違反行為がなかったことから、抗議を却下した。

*現行の規則に変更されてからの記録。MotoGPの決勝レースで、ホルヘ・ロレンソが史上最年少記録を更新(21歳と28日)した。

Tags:
250cc, 2008, Marco Simoncelli, Hector Barbera, Metis Gilera, Team Toth Aprilia

Other updates you may be interested in ›