初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

BS、重圧を撥ね退けてムジェロ初制覇

BS、重圧を撥ね退けてムジェロ初制覇

ブリヂストンは、2002年から参戦以来初めてムジェロで優勝を飾った。

ブリヂストン勢は、第6戦イタリアGPの決勝レースで、1‐2フィニッシュ。トップ10に6人が進出した。

モーターサイクルレーシングマネージャーの山田宏は、「今日のレースは、素晴らしいリザルトになりました。今季初めて、ブリヂストン勢ライダーが1-2フィニッシュで表彰台に上がる姿を目にするのは、感無量です」と手放しに喜んだ。

グランプリ直前は、バレンティーノ・ロッシの7連勝、ドゥカティのホームレースというプレッシャーがあることを認めていたが、ロッシがポール・トゥ・ウインを達成。ケーシー・ストーナーが2位に入った。

「バレンティーノは、ムジェロでは抜群のパフォーマンスを発揮するライダーですが、今回の勝利でさらに不敗記録を伸ばしました。去年までの6年連勝記録に加えて、昨日のポールポジション獲得で、今日は我々にとって非常にプレッシャーの強い一日でしたが、我々のタイヤもしっかりと期待に応えてくれました。」

「ドゥカティとケーシーもホームグランプリを2位で飾り、充実したレースウィークになりました。」

「4位でフィニッシュしたアレックス・デ・アンジェリスも、今日のレースでは主役のひとりといっていいでしょう。じつに見事な走りでした。ホンダ・グレッシーニが本来の力を発揮してくれるようになったのは、我々の協力関係が上手く噛み合っている証拠です。」

ブリヂストンは、ムジェロからバルセロナに移動。ストーナーが昨年バトルに競り勝り、ロッシが最高峰クラスで5勝を挙げている第7戦カタルーニャGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›