初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ、地元ムジェロで初優勝

M.シモンセリ、地元ムジェロで初優勝

シモンセリは、中量級初優勝を地元ムジェロで飾った。

メティス・ジレラのマルコ・シモンセリは、第6戦イタリアGPで250ccクラスの初優勝を飾った。

3番グリッドから決勝レースを迎えた21歳のイタリア人ライダーは、トップを走っていたアルバル・バウティスタの転倒により、レースの主導権を握ると、終盤にはエクトル・バルベラとのバトルを繰り広げた。

ストレートで抜かれ、シケインで抜き返す展開を、「好バトルだった。彼のエンジンは僕よりも少し速いことは分かっていたから、ストレートではスリップストリームをされないようにした」と振り返った。

「彼は非常に近かった。ブレーキレバーに接触したと思う。この終わり方は好きじゃない。転倒なしに勝ったら、もっと美しかったに違いない。」

250ccクラス参戦39戦目で初優勝を達成。「待ちに待った優勝だ。3年間勝てず、ここで優勝できたのは最高だ。最後は、嬉しく、笑いたくて、泣きたくて、感動が大きかった」と、歓喜の涙を流した。

ポイントリーダーとのギャップを28ポイント差まで詰めたことに関して、「チャンピオンシップはオープンだ。この優勝でカリオとのポイント差を縮めた。重要なのはこの流れを続け、レース毎に優勝争いをすることだ」と、初めてタイトル争いを口にした。

Tags:
250cc, 2008, Marco Simoncelli, Hector Barbera, Metis Gilera

Other updates you may be interested in ›