初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロ、ミツバチと格闘しながら表彰台獲得

P.エスパルガロ、ミツバチと格闘しながら表彰台獲得

エスパルガロは、ミツバチに刺されるハプニングの後で、表彰台を獲得した。

ベルソン・デルビのポルエパルガロは、第6戦イタリアGPでトップから僅少0.036秒差で3位表彰台を獲得したが、レース中はライバルたちだけでなく、ミツバチともバトルしていたことを認めた。

3度のセッションで一番時計を記録し、公式予選で4位1列目を獲得した16歳のスペイン人ライダーは、グループ内で優勝争いを展開。「上位に入れることは分かっていた。いいスタートが切れ、上位に位置したけど、グループは巨大で、ハードなレースになったけど、すごく楽しかった」と振り返った。

「レース中盤に、ツナギの中に何かが入ったのを感じた。ミツバチが3回も刺した。ファスナーを開けようとしたけど、ミツバチが出て行きそうもなく、ナーバスになった。そこで、胸をガソリンタンクに何度もぶつけ、何とか刺すのを食い止めた。」

エスパルガロは第4戦中国GPから2戦連続4位を獲得。「表彰台を獲得したくて堪らなかった。正直、少し苦労したけど、ゴールラインを横切った時には、勝つことができたかもしれないと考えた」と感想を述べた。

「すごく嬉しい。来週の地元レースが楽しみだ。もし、今回と同じようなリザルトならば、パーフェクトだ。」

Tags:
125cc, 2008

Other updates you may be interested in ›