初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

地元ペドロサが初日を制す

地元ペドロサが初日を制す

ペドロサは転倒を喫したが、一番時計を記録。ヘイデンは、2度目のセッションでポジションを上げた。

  • D.ペドロサ:(FP1‐1位/FP2‐1位)
  • 「ムジェロで使用したセッティングからスタート。シャーシのセッティングとレースタイヤを幾つか試した。」
  • 「午前中の路面はすごく汚れていて、午後には少し良くなったけど、走行ライン外はまだ汚れている。」
  • 「このコースは凸凹が多い。F1によるものだろう。路面の張替えの切れ目とバンプーで、フロントタイヤのグリップを失って、転んだ。幸運にも大事には至らず、2号車でセッションを続けることができた。」
  • 「ドライで2度のセッションが行われたのはポジティブだ。明日、セッティングとタイヤの仕事を継続するつもりだ。」

  • N.ヘイデン:(FP1‐14位/FP2‐9位)
  • 「全てが良くなかった。ロングコーナーが多いから、リアタイヤのトラクションを良くするためにいろいろ試した。2号車を試したけど、それで少しタイムロスした。」
  • 「2日間の雨で、午前は路面が少し汚れていた。午後の天気は完璧だったけど、走行ライン外は少し汚れが残っていた。」

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Nicky Hayden, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›