初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロが暫定トップグリッド奪取

P.エスパルガロが暫定トップグリッド奪取

地元出身のエスパルガロが、前戦に引き続いてQP1を制した。

第7戦カタルーニャGPの公式予選1は6日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。暫定トップグリッドを奪取した。

気温24度、路面温度37度のドライコンディションの中、サーキット近郊出身のエスパルガロは、1分51秒103の一番時計を記録。マイク・ディ・メッリオは0.208秒差の2番手。ガボール・タルマクシ、セルジオ・ガデアが暫定1列目を確保した。

スイス出身のドミニケ・エンジャーターが自己最高のセッションで、スティービー・ボンセーに続く7番手。ブラドリー・スミス、スコット・リーディングがトップ10入りした。

ポイントリーダーのシモーネ・コルシはトップから1.151秒差の13番手。朝のフリー走行1でトップだったニコラス・テロールは16番手。昨年の勝者小山知良は18番手。第2ホームの中上貴晶は23番手だった。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP1

Other updates you may be interested in ›