初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール、好発進

N.テロール、好発進

テロールが、初セッションで一番時計を記録した。

第7戦カタルーニャGPのフリー走行1は6日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温19度、路面温度23度。昨夜の雨により、路面の一部が濡れたコンディションの中でセッションがスタート。バレンシア出身のテロールが1分52秒598の一番時計を記録すれば、スコット・リーディングが0.178秒差の2番手につけた。

マイク・ディ・メッリオ、ラファエレ・デ・ロサ、セルジオ・ガデア、ブラドリー・スミス、ガボール・タルマクシ、エフレン・バスケス、ポル・エスパルガロ、ジョアン・オリビエがトップ10入りした。

第2のホームグランプリに挑戦する中上貴晶は、3.391秒差の26番手。小山知良は5.154秒差の32番手だった。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, FP1

Other updates you may be interested in ›