初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロ、初のポールポジション奪取

P.エスパルガロ、初のポールポジション奪取

地元出身のエスパルガロが、初のポールポジションを奪取した。

第7戦カタルーニャGPの公式予選2は7日、カタルーニャ・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。トップグリッドを奪取した。

気温25度、路面温度36度のドライコンディションの中、暫定ポールのエスパルガロは、1分50秒557の一番時計を記録。キャリア31戦目となったホームコースで初のトップグリッドを獲得した。

ランク2位のマイク・ディ・メッリオは、0.139秒差の2番手。午前のフリー走行で一番時計を刻んだランク3位のニコラス・テロールは、0.183秒差の3番手だった。

2週間前に開催されたスペイン選手権にスポット参戦したスコット・リーディングは、開幕戦以来となる4番グリッドを確保。ランク1位のシモーネ・コルシは5番手。セルジオ・ガデアは6番手だった。

暫定8位のブラドリー・スミスは、ラスト3分に転倒。クラッシュ前のタイムで7番手に入り、アンドレア・イアンノーネ、ジョアン・オリベ、ガボール・タルマクシがトップ10入り。2007年王者は、初日のタイムで7番グリッドを獲得した。

暫定23位の中上貴晶は17番手。総合タイムで19番グリッドに位置し、昨年の勝者小山知良は、22番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
125cc, 2008, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA, QP2

Other updates you may be interested in ›