初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキの両雄が勇敢な走りを披露

カワサキの両雄が勇敢な走りを披露

ホプキンスは、初日の転倒で強打した腰の激痛に耐えて、トップ10入りを果たせば、ウエストは今季最高位でフィニッシュした。

  • J.ホプキンス:(決勝レース‐10位)
  • 「激痛だ。レースが非常に厳しかった。」
  • 「スタートでポジションを稼ごうとトライしたけど、ブロックされてしまった。前のグループについて行こうとしたけど、痛くて、リズムをキープすることに集中しなければいけなかった。」
  • 「その後、完走するために、バイクの上であまり動かないよう走らせる必要があった。10位は望むポジションではないけど、この状況を考慮すれば、良かった。」
  • 「セッティングの仕事に取り組まないと。ドニントンに向けて、体調が良くなることを願う。」

  • A.ウエスト:(決勝レース‐12位)
  • 「全力で走った。マルコとハードなバトルをした。沢山のコーナーで彼を抜いたけど、彼のバイクハストレートで強かったから、ハードワークで繰り返した。」
  • 「タイヤは、終盤に少しだけグリップを失ったから、抜き返すことができなかった。好レースだったから、嬉しいけど、セッティングを大きく良くしないと。」
  • 「日本に行き、テストをして、リアのトラクション問題を改善するつもりだ。その後に、ヨーロッパに戻ってきて、ドニントンパークに向けて準備する。」

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMI CINZANO DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›