初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ジベルナウがドゥカティのプライベートテストに参加

S.ジベルナウがドゥカティのプライベートテストに参加

ジベルナウが、ドゥカティのテストに参加。1年8ヶ月ぶりにMotoGPマシンを走らせた。

ドゥカティのテストチームは17日、イタリア・ムジェロで3日間のプライベートテストをスタート。セテ・ジベルナウが特別参加した。

2003年と2004年にランク2位を獲得し、2006年10月の第16戦ポルトガルGPを最後に現役から引退したジベルナウは、テストライダーのビトリアーノ・グアレスキと共に、開発中のデスモセディチGP9をテスト。途中雨で中断されたが、20ラップを走行し、1分53秒7を記録した。

「本当に感動的だった。一気に2年前に戻ったようだ。レーシングバイクを走らせることは、僕の人生だった。今はすごく気持ちいい気分が戻ってきた」と、1年8ヶ月ぶりの走行を楽しんだことを認めた。

「雨が降るまでに、GP9で20ラップ走った。好感触だ。これはドゥカティ。全てがドゥカティだ。フィジカルが要求され、僕がもてぎで初めてGP7を走らせたことを思い出した。今日は、ライディングの自信を取り戻すと共に、エンジンブレーキを中心に電気系を少し調整した。」

「素晴らしいプレゼントをくれたドゥカティに感謝したい。残り2日間は雨が降らないで欲しい。その後に、他の機会があるのか一緒に決めるつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›