初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.コルシ、今季2度目のP.P.奪取に前進

S.コルシ、今季2度目のP.P.奪取に前進

降水確率が高い明日のセッションを前に、コルシが暫定ポールポジションを獲得した。

第8戦イギリスGPの公式予選1は20日、ドニントンパークで行われ、シモーネ・コルシがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温19度。路面温度32度のドライコンディションの中、降水確率が高い明日のセッションを考慮して、ヤングライダーたちが果敢にタイムアタック。ランク2位のイタリア人ライダーは、1分37秒488の一番時計を記録。ガボール・タルマクシに、僅少0.032秒差で競り勝った。

セッションをリードしたセルジオ・ガデアは3番手。スペイン選手権経由で世界に進出した新人スコット・リーディングは4番手で、暫定1列目を獲得した。

2戦連続の表彰台獲得ポル・エスパルガロ、朝のフリー走行1でトップだったアンドレア・イアンノーネ、ランク4位のニコラス・テロール、ガデアをマークしたマルク・マルケスが続き、暫定2列目を確保した。

フリー走行1で4番手スタートを切った小山知良は、トップから0.665秒差。パブロ・ニエトに次ぐ10番手だった。

スペイン選手権出身の地元勢ブラドリー・スミスとダニ・ウェッブは12番手と14番手。ランク3位ステファン・ブラドルは18番手。2度の転倒を喫したランディ・クルメンナッハは19番手。ポイントリーダーのマイク・ディ・メッリオは、僅か5ラップの走行に終わり、21番手。コースアウトを喫した中上貴晶は、1.519秒差の22番手だった。

Tags:
125cc, 2008, bwin.com BRITISH GRAND PRIX, QP1

Other updates you may be interested in ›