初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、驚速のトップタイム

C.ストーナー、驚速のトップタイム

前戦勝者のストーナーが、初日2度目のセッションでサーキットベストラップを上回るペースで、ライバルたちを圧倒した。

第9戦TTアッセンのフリー走行2は26日、アッセンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。初日2度のセッションを制した。

気温22度。路面温度32度のドライコンディションの中、朝のフリー走行1でサーキットベストラップ(1分37秒106)を上回った前戦勝者は、1分36秒台のリズムをコンスタントに刻んだだけでなく、2006年にジョン・ホプキンスが樹立したサーキットベストラップ(1分36秒41)を0.324秒更新する1分36秒087を叩き出し、今季初の2連勝に向けて、会心のスタートを切った。

最多29周を走ったバンティーノ・ロッシは、終盤に1分36秒台のペースに入り、トップから0.732秒差の2番手。コーリン・エドワーズも1分37秒台を突破して3番手に入った。

ニッキー・ヘイデン、アレックス・デ・アンジェリス、中野真矢、ランディ・ド・プニエのホンダ勢が続き、ダニ・ペドロサはジョン・ホプキンスに次ぐ9番手。クリス・バーミューレンは10番手だった。

右手骨折から復帰したロリス・カピロッシは、7ラップ目に転倒。治療を受けるために、クリニカ・モービルに運ばれて、その後のセッションをキャンセルした。

Tags:
MotoGP, 2008, A-STYLE TT ASSEN, FP2

Other updates you may be interested in ›