初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハの首脳陣がエドワーズのパフォーマンスを賞賛

ヤマハの首脳陣がエドワーズのパフォーマンスを賞賛

ヤマハは、スペクタクロなポジション奪取に成功したエドワーズノパフォーマンスを高評価した。

ヤマハの首脳陣は、第9戦TTアッセンで今季2度目の表彰台を獲得したテック3・ヤマハのコーリン・エドワーズを賞賛した。

モーターレーシングのマネージングディレクターを務めるリン・ジャービスは、「コーリンが最終ラップでミスを犯した2年前を思い出せば、スイートなリベンジでした」と、アメリカ人ライダーのパフォーマンスを振り返った。

「オープニングラップで発生したバレンティーノ・ロッシのアクシデントから、彼は素晴らしい走りを見せてくれました。ヤマハでのベストイヤーではないでしょうか。」

エドワーズとテック3との延長契約に関しては、「チーム、バイク、パッケージ、チームマネージャーと、全ての条件が含まれていますが、金銭面は重要です。テック3は現状メインスポンサーがいません。チームはビジネスをマネージメントしなければいけません」と説明した。

「チームは、彼に残留することを望み、彼も継続することを望んでいます。」

テック3のチームマネージャーであるエルベ・ポンチャラルは、「今季2度目の表彰台ですが、前回よりも強く、感動的でした」と語った。

「ルマンでは、ケーシー・ストーナーのエンジン問題や他の要因により、表彰台を獲得することができましたが、今回は信じられません。オープニングラップのアクシデントの後で、ポジションを大きく落としましたが、ポジション挽回は非常に驚くものでした。」

Tags:
MotoGP, 2008, Colin Edwards, Tech 3 Yamaha

Other updates you may be interested in ›