初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ先勝!インディアナポリス初の合同テスト

ドゥカティ先勝!インディアナポリス初の合同テスト

MotoGPの合同テストは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで初めて実施され、ドゥカティ&ブリヂストンがトップタイムをマークした。

08年の新規規則により、チャンピオンシップ初開催のコース及び路面工事が行われたコースについては、テストライダーによる事前のタイヤテストが許可され、今週2日間の合同テストが実施された。

第14戦インディアナポリスGPの舞台には、同レースへのワイルドカード参戦が予定されているベン・スピーズを含めて7人が参加した。

改装されたばかりのコースで連日一番時計を記録したのは、ニッコロ・カネパ。2007年にドゥカティのジュニアチームからFIMスーパーストック世界選手権に初参戦して、タイトルを奪取した20歳の新鋭は、デスモセディチGP8&ブリヂストンのパッケージで1分43秒006をマーク。グランプリ本番の参考タイムを記録した。

  • インディアナポリス合同テスト総合タイム:
  • 1.N.カネパ(ドゥカティ&ブリヂストン):
  • 1分43秒0069(181ラップ)
  • 2.B.スピーズ:(スズキ&ブリヂストン)
  • 1分43秒0912(224ラップ)
  • 3.E.ニゴン:(ホンダ&ミシュラン)
  • 1分43秒6276(171ラップ)
  • 4.O.ジャック:(カワサキ&ブリヂストン)
  • 1分43秒8188(162ラップ)
  • 5.W.コステス:(ヤマハ&ミシュラン)
  • 1分44秒0680(149ラップ)
  • 6.吉川和多留:(ヤマハ&ブリヂストン)
  • 1分44秒2975(184ラップ)
  • 7.青木宣篤:(スズキ&ブリヂストン)
  • 1分57秒9687(4ラップ)

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›