初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、得意のコースで4勝目を狙う

ミシュラン、得意のコースで4勝目を狙う

ミシュランは、圧倒的な強さを誇るザクセンリンクで、今季4勝目を目指す。

ブリヂストンのタイヤ争いが展開されてから、ザクセンリンクで表彰台を失ったのは、昨年2位(ロリス・カピロッシ)の1度だけ。リザルトから見れば、ホームと呼べるコースで、「我々の目標はケーシー・ストーナーと闘うこと」と、チャレンジ精神で臨むことを認めた。

モーターサイクルレース部門のディレクターであるジャン‐フィリッペ・ウェバーは、「ザクセンリンクは、特にアグレッシブな路面ではありませんが、リアタイヤの左側に対して非常に厳しいです。多くのストレスに耐えることから、我々はこのポイントに関して努力を集中することに強いられます」と、コース攻略について説明した。

「コースは起伏があり、下り坂ではフロントタイヤに大きなストレスをもたらします。」

「ドニントン、アッセンよりも硬く、カタルーニャで使用したようなタイヤです。フロントタイヤのコンパウンドは、カタルーニャと同等で、メディアムからメディアムハードです。」

ザクセンリンクは、右コーナー数(4)が左コーナー数(10)より少なく、右側の発熱がカギとなる。

「今年は発熱に関して、効果的で、コンパウンドのパフォーマンスが改善されました。」

「アッセンでは、最初から最後まで安定性を維持するために、ハードタイヤを使用しました。数人のライダーたちから、もう少し軟らかめのタイヤを使用する可能性を得られました。例えば、テック3は少し軟らかいタイヤを選択。コーリン・エドワーズは非常に速かったですが、最大のパフォーマンスを追及しなければいけません。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›