初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ブラドル、地元グランプリで好発進

S.ブラドル、地元グランプリで好発進

地元出身のブラドルが、最初のセッションで一番時計を刻んだ。

第10戦ドイツGPのフリー走行1は11日、ザクセンリンクで行われ、ステファン・ブラドルがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度25度のドライコンディションの中、地元出身のドイツ人ライダーは唯一1分29秒台を突破する1分28秒906を記録。前戦勝者のガボール・タルマクシが、0.279秒差の2番手に位置した。

前戦で自己最高位を獲得したサンドロ・コルテセは、ラファエレ・デ・ロサ、ブラドリー・スミスに次ぐ5番手。セルジオ・ガデア。マイク・ディ・メッリオ、アンドレア・イアンノーネ、ランディ・クルメンナッハ、ジョアン・オリベがトップ10入り。

セッション序盤に転倒を喫した小山知良は、トップから1.194秒差の13番手。初コースに挑戦する中上貴晶は、34番手だった。

Tags:
125cc, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP1

Other updates you may be interested in ›