初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:両雄に満足感なし

フィアット・ヤマハ:両雄に満足感なし

ロッシとロレンソは、トップとのタイムギャップ克服に向けて、マシン改善に取り組むことを説明した。

V.ロッシ:(FP1‐3位/FP2‐4位)

「セッションに喜んでいない。午後に幾つか調整して、幾つかセッティングを試してみたけど、期待していたような仕事ができず、タイムが良くならなかった。高速コーナーで思ったように速く走れなかった。」

「ストーナーにもっと接近するために、最初のセッティングに戻す。新しい電気制御を試せなかったけど、レースに向けて、ブリヂストンのタイヤを幾つか試せた。」

J.ロレンソ:(FP1‐10位/FP2‐5位)

「ここ数戦と比較すれば、大きな自信がある。アグレッシブに走れることができたから、感触もいい。」

「リアのグリップに問題があるけど、午後に良くなった。セッティングはまだ完璧ではない。もっと速く走らないと。」

「問題は5番手。ストーナーとのギャップが大きいこと。あんなに速く走れるのか理解するのが難しい。」

「全てのパッケージを改善する必要がある。僕のライディングに自信を高めなければいけない。2番手とのギャップを縮めたい。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›