初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、セッション開始から快走

C.ストーナー、セッション開始から快走

ランク3位に浮上したストーナーは、初セッションから好調をアピールした。

第10戦ドイツGPのフリー走行1は11日、ザクセンリンクで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度25度のドライコンディションの中、2連勝で乗り込んできたストーナーは、4ラップ目でサーキットレコード(1分23秒082)を上回ると、2度目のコースインで1分23秒台を突破。1分22秒台のペースを安定して刻み、1分22秒318の一番時計を記録した。

3度目のコースインで連続16ラップを周回したアレックス・デ・アンジェリスが、0.264秒差の2番手。バレンティーノ・ロッシ、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

前戦で今季最高のパフォーマンスを見せた中野真矢は、29ラップを走行。トップから0.720秒差の6番手。コーリン・エドワーズ、ニッキー・ヘイデン、ランディ・ド・プニエが続き、連続18ラップで徐々にペースアップしたホルヘ・ロレンソは10番手だった。

初コースに挑戦するジェームス・トーズランドは、序盤に転倒を喫したがセッションを継続。アンソニー・ウエストは終盤に転倒した。

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP1

Other updates you may be interested in ›