初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、好リザルト獲得に自信あり

ミシュラン、好リザルト獲得に自信あり

ミシュランは、初日のセッションを経て、好リザルト獲得に自信を深めた。

ミシュランの現場責任者であるジャン・フィロップ・ウェバーは、初日2度のセッションを終え、週末に自信があることを強調した。

午後のセッションでは、コーリン・エドワーズが今季初の転倒を喫しただけでなく、ダニ・ペドロサ、アンドレア・ドビツィオーソの2人も今季4度目の転倒に見舞われた。

転倒が少ない3人がフロントから切り込んだことに関して、「午後のセッションは、路面温度が12度ほど上がりました。もしかしたら、このことがフロントグリップのレベルに影響を与えたかもしれません」と、フランス人デディクターは説明した。

「午後に温度が上昇するのは分かっていました。ハードタイヤを選択しましたが、もう少し軟らかいタイヤを使用すべきだったでしょう。」

ザクセンリンクでは圧倒的な強さを見せるミシュランは、ライバルを尊重する共に、決勝レースに向けて自信を見せた。

「ケーシー・ストーナーは、この2戦でパッケージが非常に良く機能することを証明しました。素晴らしいライダーであることを理解していますが、今週末の気象状況により、好リザルトを獲得できると思います。困難ですが、自信があり、楽観的です。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›