初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポイントリーダー、トップ浮上

ポイントリーダー、トップ浮上

ポイントリーダーのディ・メッリオが、ウェットセッションを制した。

第10戦ドイツGPのフリー走行2は12日、ザクセンリンクで行われ、マイク・ディ・メッリオがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度19度のウェットコンディションの中、暫定8位のポイントリーダーが1分36秒218の一番時計を記録すれば、転倒を喫したブラドリー・スミスが0.014秒差の2番手。マルク・マルケスが0.049秒差の3番手に位置した。

ワイルドカードのマンセル・シュレッターは、レギュラーライダーたちを抑えて4番手に入った。

ランク2位のシモーネ・コルシは、1度もピットインせずに、27ラップ連続走行を実行。5番手に位置すれば、ニコラス・テロール、暫定ポールポジションのガボール・タルマクシ、エフレン・バスケス、マイケル・ランセンデールがトップ10入りした。

初日フリー走行1でトップだったステファン・ブラドルは11番手。暫定6位の小山知良は、トップから1.600秒差の21番手。暫定30位に中上貴晶は、4.080秒差の35番手だった。

Tags:
125cc, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP2

Other updates you may be interested in ›