初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セッション結果が対照的になったフィアット・ヤマハ勢

セッション結果が対照的になったフィアット・ヤマハ勢

ロッシは予選で問題があったが、レースリズムに自信があることを認めたが、ロレンソは対照的に、予選で速く走れたが、リアに問題があったことを説明した。

V.ロッシ:(QP‐7位)

「予選タイヤで思っていたほど、ものごとが進まなかった。通常は4本を使用し、ベストラップだった時に、不運にも最終コーナーでホルヘに出くわしてしまった。彼はピットレーンに入るために、ゆっくり走っていて、僕を見ていなかった。」

「4本目を使用した時は上手く行っていたが、ラスト2コーナーでグリップに問題が出てしまった。」

「昨日の問題の後、午前中にグッドなセッティングが見つかり、ペドロサのように速かったから、レース序盤にポジションを大きく落とさなければ、表彰台争いができるだろう。それが明日の目標だ。」

J.ロレンソ:(QP‐5位)

「今週末は懸命に働いた。2列目が嬉しい。予選タイヤで良くなったけど、レースリズムがないことは、欲求不満だ。」

「リアに十分なグリップがないから、必要な自信がなく、速く走れない。なぜ、シーズン序盤があれほど速かったのか、理解に苦しむ。上位陣と一緒に走るために、2列目からビックなスタートを切らないと。」

「バレンティーノとの間で起こったことを悪く思う。気づかず、彼のラップに影響を与えてしまった、申し訳ない。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›