初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ:L.カピロッシ&C.バーミューレン、レースタイヤに自信

リズラ・スズキ:L.カピロッシ&C.バーミューレン、レースタイヤに自信

カピロッシとバーミューレンは、レースタイヤのパフォーマンスに自信があることを認めた。

L.カピロッシ:(QP‐13位)

「今日は難しかったけど、レースタイヤとセッティングで、好リズムがあるから嬉しい。レースタイヤでビックステップを踏んだ。これが重要だ。」

「体調は良くないけど、できる限りハードにトライしているけど、100%を発揮する力がない。」

「大切なのは、今週末の仕事を続けること。ハードにトライすることだ。僕たちにとって困難なコースだけど、僕はレースに向けてポジティブだ。いつものように、ベストを尽くす。」

C.バーミューレン:(QP‐14位)

「レースタイヤで前進した。不運だったのは、予選タイヤを履いた時に、速く走ることができなかった。最後に履いたタイヤは機能しなかったから、ブリヂストンと何が起こったのは検証しなければいけない。」

「厳しいレースになるだろう。目標はトップ10だ。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Loris Capirossi, Chris Vermeulen, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›