初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トップ3のコメント

トップ3のコメント

ストーナー:「ラップ毎にアドバンテージを少しずつ広げることに徹した。」

C.ストーナー:(決勝レース優勝)

「ダニとの距離があるのを見て、あの瞬間、速く走る手段はなかったから、落ち着こうと考えた。硬いタイヤを使用し、タイヤが温まる時間が必要だった。ダニが転んだのを見た。その瞬間から、ラップ毎にアドバンテージを少しずつ広げることに徹した。左側が一番硬いタイヤで走った。チームに感謝したい。チャンピオンシップで少しだけ同等となったのは良かった。」

V.ロッシ:(決勝レース2位)

「チャンピオンシップのリーダーだから、ポジティブな結果だ。今日のコースコンディションを考えれば、2位は悪くない。悪いコンディションの中で走るのが楽しかったけど、3列目からのスタートで、序盤に多くの時間をロスしてしまった。ダニがグラベルにいるのを見て、ケーシーを捕まえに行ったけど、不可能だった。」

C.バーミューレン:(決勝レース3位)

「昨日のタイムセッションは悪かった。5列目からのスタートは難しい。僕に大量の水がかかった。序盤はキープした。ケーシーが言ったように硬いタイヤを使用し、温まるのが難しかった。前のライダーたちを捕まえる方法はなかった。表彰台に戻れて嬉しい。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›