初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ディメッリオ、「フランス革命記念日」を祝う3勝目

M.ディメッリオ、「フランス革命記念日」を祝う3勝目

ポイントリーダーのディ・メッリオが、今季3勝目を飾った。

第10戦ドイツGPの決勝レースは13日、ザクセンリンクで行われ、マイク・ディ・メッリオが優勝した。

気温16度。路面温度19度のドライコンディの中、フランス人ライダーは、3番グリッドからラスト10ラップにトップに飛び出し、2位に2.010秒差のアドバンテージを広げ、前日に控えた「フランス革命記念日」を今季3勝目で祝福した。

3人による2位争いは、地元出身のステファン・ブラドルが競り勝ち、自己最高位でフィニッシュ。ポールポジションのガボール・タルマクシが今季5度目の表彰台を獲得。ブラドリー・スミスは4位だった。

シモーネ・コルシは、地元出身のサンドロ・コルテセ、チームメイトのニコラス・テロールを抑えて、5位でゴール。スコット・リーディングが8位。エステベ・ラバットは8人の9位争いに競り勝ち、マルク・マルケスがトップ10入りした。

25番グリッドの中上貴晶は19位。7番グリッドの小山知良は、トップ10バトルを展開中のラスト3ラップに転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ディ・メッリオが166ポイントに到達。コルシに30ポイント差、タルマクシに57ポイント差にアドバンテージを広げた。エンジントラブルでリタイヤしたジョアン・オリベは、ランク3位から5位に後退した。

Tags:
125cc, 2008, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›