初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、ザクセンリンク初優勝&初表彰台独占

ブリヂストン、ザクセンリンク初優勝&初表彰台独占

ブリヂストンは、未勝利のザクセンリンクで表彰台を独占した。

ブリヂストンは、第10戦ドイツGPで初優勝。今季初の表彰台独占も達成した。

降り続いた雨のレースで、終始高い戦闘力を証明。ケーシー・ストーナーが3戦連続のポール・トゥ・ウインを決め、ザクセンリンク初優勝を飾っただけでなく、今季初の表彰台独占。トップ10に8人が進出した。

3位争いを演じたクリス・バーミューレンとアレックス・デ・アンジェリス、7位争いに競り勝ったロリス・カピロッシの3人は、最終ラップに自己ベストを記録。タイヤの左側に厳しいコースレイアウトにも関わらず、耐久性の高さを証明した。

モーターサイクルレーシングマネージャーの山田宏は、「今週フルウェットのプラクティスがなく、左側に厳しいコースで、30周の長いレースがどうなるか分からなかったですが、結果的に表彰台を独占できました。ドライで勝ちたかったですが、初めてザクセンリンクで勝てましたので、非常に嬉しいです」と、会心の笑みを見せた。

「ラグラセカは、暑く、タイヤに厳しいコースです。昨年は路面温度が上がり、ハードコンパウンドのタイヤを使用しました。今年も暑くなると予想されますので、ハードなタイヤが必要になると思います。」

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›