初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ハッキング、初の世界デビューへ

J.ハッキング、初の世界デビューへ

37歳のハッキングが、地元グランプリで世界デビューする。

カワサキ・レーシングは、第11戦アメリカGPに、ジェリミー・ハッキングをジョン・ホプキンスの負傷代役として起用する。

モンスター・エナジー・カワサキから、AMA全米スーパーバイク選手権に参戦する37歳のイギリス人ライダーは、第6戦を終了し、11レースで6連続表彰台を獲得。ランク4位に位置している。

2週間前に、オートポリスで2日間のテストを経験したハッキングは、グランプリ開幕を前日に控え、「信じられない。夢が現実となる」と興奮した。

地元ファンにとっては、AMAのライバルである王者ベン・スピーズとの競演が注目される。

「ベンはグッドな友人だ。みんなの疑問は、僕かベンのどちらが勝つかだろう。昨年ロジャー・リーがトップ10入りを果たしたから、僕の目標は、そのリザルトを超えること。または同等なリザルトだ。ベンに勝つことが出来れば、それはベターだ。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›