初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、フリー走行1へ

D.ペドロサ、フリー走行1へ

前戦で転倒負傷したペドロサは、初日の初セッションに参戦する意志を見せた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第11戦アメリカGP開催直前の17日、舞台のグナセカに姿を見せ、明日からのグランプリに向けて準備を進めた。

前戦の決勝レースで転倒した際に、左手人差し指と左手首を骨折、右足首を捻挫して、バルセロナ市内の病院に13日の夜から15日の午後まで入院していた。

負傷から僅か4日後、ドイツ、スペイン、アメリカと移動してきた22歳のスペイン人ライダーは、「現状は少し難しいけど、バイクに乗るまでは答えはない」と、状況を説明した。

「もちろん、アイディアはあるけど、実際にできるかどうか、本当のところは分からない。明日まで待たなければ。」

「足首を強打して、歩くことが出来ないけど、重要なのは手だと思う。ハンドルを押さえ、クラッチを使わなければいけないから。バイクはパワーがある。安全に走るためには、ハンドルを実際に押さえなければいけない。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›