初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

第11戦アメリカGPの開催を前日に控えた17日、5人の主役たち、バレンティーノ・ロッシ、ケーシー・ストーナー、ニッキー・ヘイデン、コーリン・エドワーズ、ベン・スピーズがプレスカンファレンスに出席した。

ポイントリーダーと登場したロッシは、「僕の得意のコースではない。グレートな思い出もない。ベストリザルトは2005年の表彰台(3位)だ。2006年は不運だったし、昨年は悪いレースだった」と、過去3年間を振り返った。

「だから、今年の目標はラグナでのベストリザルト獲得。ポイントを稼ぐには非常に難しいグレートなトラックだからだ。」

3連勝で一気にランク3位まで浮上した昨年の勝者ストーナーは、「グレートなグランプリ。グレートな雰囲気。それに、昨年と同じようなリザルトを獲得することができれば、グレートだ。ハードな仕事を沢山しないと」と、意気込みを語った。

過去に3度の挑戦で2勝を挙げた地元出身のヘイデンは、「僕にとって本当特別なトラックだ。この場所が好き。この雰囲気が好き。ラグナに関する全てのことが好きだ」と、満面の笑みで語った。

「日曜にグッドなリザルトを獲得するために、明日の朝からストロングに行きたい。」

AMA全米選手権王者として、2度目の挑戦となるスピーズは、「知っているトラックでGPマシンを走らせることが嬉しい。ここにいるライダーを前に、そのことが必要なんだ。彼らは世界で最速。彼らと再びレースができることは幸せだ。スズキ、アメリカ、僕自身のために、まともなリザルトの獲得にトライする」と、2度目の挑戦を喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›