初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー:「もう少し速く走ることができる」

C.ストーナー:「もう少し速く走ることができる」

驚速タイムを連発したストーナーだったが、まだ手応えの走りができていないことを認めた。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、初日2度のセッションで、ライバルたちを1秒近く引き離すペースを掴み、サーキットベストラップを更新した。

唯一1分22秒台を突破したが、「コークシュクリューは昨年と少し違う感じして、本当に上手く走ることができなかった」と、振り返った。

「それに、最終コーナーのグレーキングポイントで少し格闘した。この2ポイントを改善できれば、もう少し速く走れることができると思う。」

「午前はグッドなセッティングだったけど、不運にも、午後に同じセッティングが使うことができなかった。暑くなると、バイクが大きく振れ始める。午後は困難で、異なったコンパウンドのタイヤを試した。」

「解決策を見つけられない後、違ったタイヤでコースに出て、バイクはすごく良く機能した。昨年より速かったのは、本当に気分がいい。この調子を維持したい。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›