初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ:N.ヘイデン、1列目を獲得

レプソル・ホンダ:N.ヘイデン、1列目を獲得

ヘイデンは、積極果敢なタイムアタックで1列目3番グリッドを獲得した。

N.ヘイデン:(QP‐3位)

「多くのライダーたちが転倒する難しいタイムセッションだった。パッシングが難しいコースだから、ここではスターティンググリッドが非常に重要だ。」

「エクセレントなレースペースがないけど、1列目からのスタートはグッドだ。ストーナーは絶好調だ。その一方で僕たちはまだ問題があるけど、チームは素晴らしい仕事をしているから、グッドなリザルトを獲得できると思う。」

「もう少し温度が上がれば、選んだタイヤは機能する。タイヤのパフォーマンスを向上するために、セッティングを少し変更した。予選タイヤはすごく良く機能した。」

「ストーナーを逃さず、スペクタクロを提供したい。表彰台ならグッドなリザルトだけど、ストーナーとのバトルならば、最高だ。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Nicky Hayden, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›