初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ&J.バージェスが限界の走りを強調

V.ロッシ&J.バージェスが限界の走りを強調

ロッシは、レース中のアクションに関して、正当化を主張した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとジェリミー・バージェスは、第11戦アメリカGP終了後、一部から批判を受けたアグレッシブな走りに対して、それぞれに意見を語った。

今季4勝目を飾ったロッシは、「オーバーテイクは以前のようだった。僕はブレーキングが強い。そこでアタックする」と説明した。

「もし、ケーシーが、僕のオーバーテイクが少しアグレッシブだと考えるならば、申し訳ない。しかし、僕はそう思わない。ブレーキングで抜いただけ。常に同じポイントでブレーキして、一度もぶつからなかった。」

「もちろん、アグレッシブなレースだったけど、疑いなく、正当だった。」

レース直後に、興奮気味だった同胞のケーシー・ストーナーと会話を交わしたロッシのチーフメカニックであるバージェスは、「もし、ケーシーが80年代、90年代に、ケビン・シュワンツ、ウェイン・レイニー、ミック・ドゥーハンと一緒に走っていたら、毎週のように、このような出来事を目撃していたでしょう」と私見を語った。

「もしかしたら、彼はセッションにように簡単に勝てると期待していたかもしれませんが、そのように行かなかったです。」

接触寸前だったコークスクリューのシーンに関しては、「常にオーバーテイクのビックポイントだ」と、ロッシは締め括った。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›