初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.スッポ、ラグナセカのレースを評価

L.スッポ、ラグナセカのレースを評価

ドゥカティの現場責任者は、レース全体と一部のシーンについて、総括した。

ドゥカティ・マールボロのリビオ・スッポは、第11戦アメリカGP終了後、「魅惑的なレース」と評価した。

プロジェクトマネージャーは、ケーシー・ストーナーとバレンティーノ・ロッシのバトルを、「魅惑的でスペクタクロなレースでした。ケーシーの3連勝後、今日はバレンティーノが優勝を飾りました。それは明白なことです」と、総評を語った。

その一方で、接触転倒の恐れがあった際どいシーンに関して、「もし、ケーシーが冷静さと成熟さを証明しなければ、両者は少なくとも2度ほど、バレンティーノのアクションにより、転倒の機会があったでしょう。少し限界を超えていました」と、説明した。

「今日のケーシーは残念ながら小さなミスを犯しました。その代償は非常に高かったですが、荒れたレースでは何かが起こります。」

24ラップ目にコースアウトから転倒を喫したストーナーは、3位と22秒のアドバンテージがあり、ポジションを落とさずに、チェッカーを受けた。

「ミスを犯した。バレンティーノがブレーキングを少し早めたようだったから、そのまま行くしかなく、コースアウトしなければいけなかった」と、オーストラリア人ライダーは振り返った。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›