初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、2戦連続&2戦連続の表彰台独占

ブリヂストン、2戦連続&2戦連続の表彰台独占

ブリヂストンが、2週連続のウェットとドライレースで強さを誇示した。

ブリヂストンは、第11戦アメリカGPで2年連続の表彰台独占を達成した。

昨年のラグナセカで強さを見せたブリヂストン勢は、今年もトップ3を独占しただけでなく、トップ10に6台が進出。レース中のファウストラップでは上位4を占め、圧倒的な強さを誇示した。

ウェットのザクセンリンク、ドライのラグナセカを制したブリヂストンのレーシングマネージャーである山田宏は、「非常に嬉しいです。バレンティーノとケーシーがエキサイティングなレースをしました。スズキのクリスもドライで初の表彰台を獲得しました」と、レースを振り返った。

前半戦を終え、ロッシが4勝。ストーナーが4勝。チャンピオンシップでは2人がランク1・2位を占め、タイトル争いをリードする形となった。

「我々は11戦で8勝できました。予想より、少しいい成績ですので、ハッピーです。」

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›