初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、左足3ヶ所骨折で10日間のギブス

J.ロレンソ、左足3ヶ所骨折で10日間のギブス

ラグナセカで転倒したロレンソは、バルセロナ市内の病院で精密検査を受けた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第11戦アメリカGPの決勝レースで転倒を喫した際に、左足を骨折。バルセロナ市内の病院で精密検査を受けた。

オープニングラップの5コーナーでハイサイドから路面に叩きつけられ、クリニカ・モービルで初診を受けた結果、第3、第4左中足骨の骨折と判明されていた。

21歳のスペイン人ライダーは、21日に帰国。22日の午前に、バルセロナ市内の病院を訪問。精密検査後、チャビエル・ミル医師は、「第3、第4、第5左中足骨骨折を確認。足首には新たな負傷はありませんでした」と説明した。

「10日間、ギブスにより固定します。その後、歩行を許すために靴の中敷を使用します。」

検査を終えたロレンソは、「すごく痛い。また転んだことで僕の成長にストップがかかってしまったから、腹が立つ。ミル先生に会い、痛みを伴うケガで、安静して治すように言われた」と語った。

「左足をギブスで固定したけど、右足も強打して痛いから、歩くことができない。幸運にもその右足にはケガがなかった。」

「バカンスがなくなってしまったけど、ブルノに向けて、回復する時間があるのは幸運だ。今は熱狂の1つであるツール・ド・フランスのテレビ観戦を楽しんでいる。」

ロレンソは、次戦チェコGP(8月17日)に向け、10日後からリハビリを開始する。

Tags:
MotoGP, 2008, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›