初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ハンガリーで新サーキット建設

ハンガリーで新サーキット建設

ハンガリーは国家事業として、MotoGP開催を目指す新サーキットを建設。ドルナはFIMに対して、ハンガリーGPを2009年のカレンダーに含めることを提案した。

ハンガリー政府の経済開発省は23日、MotoGPを開催するために、新サーキットを建設することを発表した。

経済開発省のゴルドン・バイナイ大臣とドルナスポーツ社のカルメロ・エスペレータCEOは、首都ブダベスト市内のホテルで会見を開き、来年のMotoGPカレンダー入りを目指すサーキット建設計画を発表。ドルナはFIM国際モーターサイクリズム連盟に対して、ハンガリーGPを2009年のカレンダーに含めることを提案した。

説明会には、ハンガリー観光局のロナン・イバン代表、セデサ社のビセンテ・コティーノ代表、チーム・アスパルのホルヘ・マルティネス・アスパル、2007年125ccクラス王者のガボール・タルマクシが出席した。

ハンガリー観光局は、新サーキットにおけるMotoGPプロモーションのために、子会社ハンリング社を設置。5年間のMotoGP開催権利を所有する。

レーストラックは、ハンガリー観光局が30%、スペインのWCM社(アスパルが代表を務めるワールドサーキットマネージメント会社)が70%出資するバラトンリング社が運営。スペインの建設会社であるセデサ社がサーキット建設を行うこととなった。

ハンガリー政府は、MotoGPのカレンダーに、ハンガリーが含まれるために、全面的な協力を約束。昨年8月に隣国で開催された第11戦チェコGPでは、約4万人のハンガリー人ファンが、ブルノに駆けつけていた。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›