Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPアカデミー、CEV第4戦に挑戦

MotoGPアカデミー、CEV第4戦に挑戦

MotoGPアカデミーは週末、スペイン選手権の第4戦に参戦した。

レッドブルMotoGPアカデミーのダニー・ケント、ネルソン・マジョールは週末、アルバセテ・サーキットで開催されたCEVスペイン選手権の第4戦アルバセテ・ラウンドに挑戦した。

頸骨骨折のため、キャメロン・バービアーは欠場。代役に、ルーキーズ・カップのランク1位、JD.ビーチが代役に抜擢された。

初コースに挑戦したアメリカ人ライダーのビーチは、2グループに分かれた予選で、グループB15位。27番グリッドから決勝レースを迎えたが、2ラップ目に他車と接触。転倒リタイヤを喫した。

2戦目となったフランス人ライダーのマジョールは、29番グリッドから14位。イギリス人ライダーのケントは、19番グリッドから一時は7位まで浮上したが、マシントラブルにより、リタイヤを強いられた。

MotoGPアカデミーのヤングライダーは、8月31日にチェコ・ブルノで開催されるアルペ・アドリア選手権に参戦する。

レースの方は、W参戦するエフレン・バスケスが初優勝。アルベルト・モンカヨに0.3秒差で競り勝ち、ポイントリーダーに飛び出せば、同じくW参戦するペレ・トゥトゥサウスが3位に入り、ランク3位に浮上。ルーキーズ・カップとW参戦するルイス・サロンは、4位走行中にマシントラブルに見舞われて、リタイヤ。ランク2位に後退した。

8番グリッドの大谷和也は、前を走行するライダーたちが転倒やマシントラブルで次々にリタイヤする展開の中、安定した走りで、自己最高位となる5位でフィニッシュした。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›