初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ランク1・2位がセッションをリード

ランク1・2位がセッションをリード

前戦勝者のロッシと昨年勝者のストーナーが、ライバルたちを圧倒する速さを見せた。

第12戦チェコGPのフリー走行1は15日、ブルノで行われ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシとランク2位のケーシー・ストーナーがセッションをリードした。

気温24度。路面温度36度のドライコンディションの中、前戦勝者のロッシはセッション終盤に1分57秒台を2連発。1分57秒782の一番時計を記録すれば、昨年勝者のストーナーは0.129差の2番手に入った。

HRCからバイクが投入された中野真矢は、徐々にペースアップ。トップから1.129秒差の1分59秒911で、3番手に進出した。

中野のチームメイト、アレックス・デ・アンジェリス、負傷から復帰したジョン・ホプキンス、2戦連続表彰台獲得のクリス・バーミューレン、トニ・エリアス、ロリス・カピロッシが続き、ブリヂストン勢が上位8を独占した。

ミシュラン勢のトップは、9番手のコーリン・エドワーズ。マルコ・メランドリがトップ10入りした。

負傷から復帰したホルヘ・ロレンソとダニ・ペドロサは、13番手と17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP1

Other updates you may be interested in ›