初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ホプキンス:「限界を見つけているところでフロントから転んだ」

J.ホプキンス:「限界を見つけているところでフロントから転んだ」

カワサキ・レーシングのジョン・ホプキンスは、負傷明けだったが、2度の転倒を喫したが、改良されたエンジンとシャーシで、好パフォーマンスを披露した。

J.ホプキンス(FP1:5位/FP2:8位)

「2度の小さなミスは残念だ。限界を見つけているところで、フロントタイヤのコントロールを失ったけど、重要な転倒ではなかった。」

「新しいエンジンパーツは、大きな違いがあるようだ。ポテンシャルがアップして、パワーマネージメントが改善された。新しいシャーシは、旋回性が改善され、特にコーナーの真ん中で良くなったけど、フロントにフィーリングをもっと必要だ。」

「膝は痛いけど、回復している。今日から始めたことを続けるために、早くコースに戻りたい。」

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Anthony West, John Hopkins, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›