初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

雨により、初日のタイムでグリッド決定

雨により、初日のタイムでグリッド決定

雨に見舞われたため、公式予選1の暫定タイムでスターティンググリッドが決定した。

第12戦チェコGPの公式予選2は16日、ブルノで行われ、ランク15位のラファエレ・デ・ロサがトップタイムをマーク。ガボール・タルマクシがポールポジションを奪取した。

気温13度。路面温度15度のレインコンディションの中、暫定11位のデ・ロサが、2分18秒227の一番時計を記録。エステベ・ラバットが0.391秒差、スコット・リーディングが1.491秒差、マイク・ディ・メッリオが2.015秒差で続いた。

暫定21位の中上貴晶は、ステファン・ブラドルに続く6番手。シモーネ・コルシ、ロレンソ・サネティ、ランディ・クルメンナッハ、ルイス・ロッシがトップ10入り。暫定14位の小山知良は16番手だった。

スターティンググリッドは、ドライコンディションで行われた公式予選1の記録で決定され、暫定1位のタルマクシが2戦連続のトップグリッドを獲得した。

Tags:
125cc, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP2

Other updates you may be interested in ›