初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トップ3のコメント

トップ3のコメント

今季2勝目でランク3位に浮上したデボンは、「エクセレントなレースだった」と、レース後に改心の笑みで語った。

A.デボン:(決勝レース‐優勝)

「エクセレントなレースだった。僕のチームはグレートな仕事をして、好リザルトを獲得できることは分かっていた。シモンセリはT1でアグレッシブだったけど、他のセクションで挽回する力があることは分かっていた。」

A.バウティスタ:(決勝レース‐2位)

「スペシャルなレース。スタートが悪く、オープニングラップは難しかった。ギャップを巻き返すために、誰よりもプッシュしなければいけなかった。トップグループに追いついてからは、ライバルたちをブレーキで抜く際に、フロントタイヤに問題を与えてしまったから、少しでも消耗を保存するために、リズムを抑えた。ビックなバトルで2位になれたことが嬉しいけど、ラスト2ラップにデボンと接触して、一度離されてしまった。優勝争いができたかもしれない。」

M.シモンセリ:(決勝レース‐3位)

「カリオとのアドバンテージが広がったから、このリザルトには嬉しいけど、ラスト2コーナーでトップの座を失ったことに、がっかりだ。優勝できると思っていたのに。」

Tags:
250cc, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›