初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、WUPも制す

C.ストーナー、WUPも制す

MotoGPクラスに変更されてから、最多のポールポジション獲得数を記録したストーナーが、決勝レース前のセッションも制した。

第12戦チェコGPのウォームアップ走行は17日、ブルノで行われ、ポールポジションのケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度20度のドライコンディションの中、ウェットコンディションで一番時計を刻んだストーナーが、1分57秒204を記録。2番手のバレンティーノ・ロッシに0.475秒差。3番手のクリス・バーミューレンに1.922秒差のアドバンテージを広げた。

4番手と5番手には、シルバン・ギュントーリとトニ・エリアスが進出。決勝レース前に、アリチェ・チームの両雄が今季最高のセッションで実現させた。

初日から好パフォーマンスを披露する中野真矢は、2.084秒差の6番手。ダニ・ペドロサ、アレックス・デ・アンジェリス、コーリン・エドワーズ、ジョン・ホプキンスがトップ10入りした。

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, WUP

Other updates you may be interested in ›