初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ:タイヤメーカーの違いがリザルトに反映

フィアット・ヤマハ:タイヤメーカーの違いがリザルトに反映

ブリヂストンを装着したロッシは2番グリッドから優勝すれば、ミシュランユーザーのロレンソは、予選クリアータイムを突破できなかっただけでなく、10位でフィニッシュした。

V.ロッシ:決勝レース‐優勝

「金曜からすごく速かったことと、ジェリミーと一緒に、コースの一部で速く走るために、フロント部分を幾つか調整したことで、レースに向けて大きな自信があった。」

「ケーシーは最初からすごく速かった。何という序盤の10ラップだ!バイクが良く走り、彼を捕まえるには十分な速さがあることを理解した。徐々に彼に接近した。彼はもっとプッシュしたかったんだろうと思う。その時にミスを犯した。僕はグレートなバトルをするために、近づいて行ったけど、赤いバイクが路面を転ぶのを見た時は、信じることが難しかった。」

「物事があまりにも簡単になってしまった。バイクを走らせることを楽しみ、ブリヂストンのタイヤは最後まで非常に良く機能した。」

「ケーシーが転倒してしまったから、完璧な勝利だと言うことはできない。彼には申し訳ないけど、これがレース。リザルトに満足しないと。50ポイントのアドバンテージを持ち、ミサノを迎える。このアドバンテージが十分でないことは理解している。ケーシーを前に、リラックスはできない。」

「ブルノで電気系のテストに取り組む。ブリヂストンのテストも実施するつもりだ。」

J.ロレンソ:決勝レース‐10位

「チームはベストなことができる能力があるだけに、今回のレースは少し悲しい。今週末の全ての出来事を確認し、特にフロントタイヤの問題があったが、僕たちはタイヤの性能をほぼ引き出した。」

「スタートでは、フロントタイヤの感触から、リスクを犯したくなかった。リアタイヤは少しずつ良くなって行ったから、タイムアップすることができた。今週末の問題が何か理解しているけど、ミシュランが懸命に仕事に取り組んでいることを知っている。明日のテストから改善して行きたい。」

「チーム全員に感謝したい。ビックな優勝を飾ったバレンティーノと久々に表彰台を獲得したエリアスの2人を祝福したい。」

Tags:
MotoGP, 2008, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›